ブブカ

欅坂46

【BUBKA 11月号】欅坂46 織田奈那×守屋茜 『欅坂46の現在地』

全てを賭けて挑んだ夏だから、自分たちに足りなかったものを見つけられたし、新たに得られたものがある。後悔がないわけではないが、全国ツアーを終えて少し強くなれた気がする。
そんな彼女たちは今どこにいて、これからどこへ向かえばいいのだろうか。熱狂の裏側を織田奈那と守屋茜が振り返る。

【PR】
【PR】

織田奈那×守屋茜 『欅坂46の現在地』
 
 2年目の課題
 
―今回のインタビューでは率直に全国ツアーがすべて終わって、現在どういう気持ちかを聞いていきたいと思います。
織田 全国ツアーが終わって、グループとしてひとつ成長できたなとも思うんですけど、新たな課題というのも見つかってきたし、本当にみんなちゃんとグループについて考えるようになったというか。自分たちがこれからどうしていけばいいか、ライブをどうしっかり作っていけばいいか、みんなで考えるようになったと思います。
守屋 そうだね。やっぱり全員でやりとげたっていう気持ちが大きくて、例えばこの先に困難が待ち受けていても……この夏の期間がかなり過酷だったので、みんなで乗り越えられたっていうことは今後の自信になるのかな。
―なるほど。守屋さんの中で「みんなで乗り越えられた」と感じたってことは、この夏に対しての満足感みたいなものが得られたから?
守屋 そうですね。ただ、それと同時に足りない部分やダメな部分もたくさんわかったので、そういう点においては悔しさもあるけど良い経験だったと思います。
―先ほどおっしゃった、課題や改善点というのはどういうところなんですか?
織田 まだ2年しか活動してないというのもあるんですけど、プロ意識がまだまだ足りないんじゃないかと思うこともあって。自分たちの気持ちがパフォーマンスの出来に影響してしまうのは絶対にプロじゃないし、ファンの方にそういう部分を見せちゃいけないと思うんです。実際ツアーではそういうムラが出てしまった部分もあると思うし、そこはみんなで変えていかなくちゃいけないねと話してるんです。
守屋 良い意味で素直なんです。ただ、やっぱりプロ意識っていう意味では低いよね。
織田 課題だよね。
―それはつまり、経験が足りなかったということなんですかね。
織田 そうだと思います。
守屋 足りないままどんどん進んできちゃったから、弱い部分が出ちゃってきたのかもしれない。
―なるほど。ライブをしっかり作るんだっていう意識が芽生えたという話ですが、なぜそう思えるようになったんでしょう ? 課題が浮き彫りになったというのもひとつだと思うんですけど、それだけじゃなかなか考えられない部分ですよね。
織田 やっぱりみんな欅坂の世界観が大好きだし、スタッフさんも私たちのために演出とかをたくさん考えてくださって、その気持ちにも応えたいというのもあるし。私たちらしいライブを作って、それを皆さんに見せて何かを感じ取っていただきたいなっていう思いからですかね。
守屋 みんながそういうふうになったっていうのを、私も本当に最近感じて。
織田 セトリについても、自分の中でいろいろ考えてスタッフさんと話しができるようになって。メンバーだけで話し合う時間を多く取って、そこで共通認識を持てたからこそ、提案できるようになったんだと思います。
 
―― インタビューの続きは絶賛発売中のBUBKA2017年11月号にて!
 
織田奈那
おだ・なな●1998年6月4日生まれ、静岡県出身。『KEYABINGO!3』で騎馬戦を行い、鈴本の騎馬になった際、「イイね、お尻♡」と興奮した様子が放送された。鈴本の片思いとの見方が強かったが、実は相思相愛なのではという疑惑が浮上し、現在調査中。愛称は「おだなな」。
 
守屋茜
もりや・あかね●1997年11月12日生まれ、宮城県出身。熱い魂と高い女子力を合わせ持つ、欅坂46の熱盛りガール。女性から絶大な支持を得ている雑誌「anan」にて、“ねん願”叶い、憧れである乃木坂46衛藤美彩との連載企画がスタート! 愛称は「あかねん」。
 

▼BUBKA 11月号のご購入は全国の書店、コンビニ、および下記ネット書店よりどうぞ!

     

欅坂46

欅坂46(けやきざかふぉーてぃーしっくす)

日本の女性アイドルグループ。乃木坂46に続く坂道シリーズの第二弾として2015年8月に結成。翌年『サイレントマジョリティー』でメジャーデビューを果たすと、斬新な振り付けと若者たちが感じている怒りや虚しさをストレートに代弁する歌詞が話題となり、一躍アイドル界の寵児に。2016年末には結成1年半足らずのスピードで、NHK紅白歌合戦に出演した。既存のアイドルに対する革命的存在として、他業界からも注目が集まっている。


PICK UP とにかく読んで頂けないか

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING あなたが読めばランクも変わる

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp