ブブカ

吉田豪インタビュー

【BUBKA 10月号】 吉田豪のBUBKA流スーパースター列伝 レジェンド漫画家編 vol.2 『ドーベルマン刑事』の生みの親 ド外道マンガ道とは? 『平松伸二』

今月のレジェンド漫画家インタビューは「ドーベルマン刑事」でおなじみの平松伸二先生。ジャンプ時代の過酷な週刊連載の話や、非道な悪を描き続ける苦悩、女性経験などド外道漫画家の半生にプロインタビュアー・吉田豪が迫るぞオオオオッ!!!!

【PR】
【PR】

【BUBKA 10月号】 吉田豪のBUBKA流スーパースター列伝 レジェンド漫画家編 vol.2 『ドーベルマン刑事』の生みの親 ド外道マンガ道とは? 『平松伸二』
 
 週刊連載という「赤紙」
 
平松 え、バロン先生の次が僕なんですか?
―そうです!
平松 ちょっと恐れ多いじゃないですか。
―大丈夫ですよ(笑)。数年前に武論尊先生のインタビューをしたとき、『ドーベルマン刑事』時代の話をいろいろ聞きました。面白い人ですけど、そもそもデビュー早々にああいう人と組むのってたいへんじゃなかったですか?
平松 いや全然(あっさりと)。あのときはすごくいい原作で、すごい楽でしたよ。
―原作がよかったとは言ってましたけど、いきなり自衛隊上がりでチャールズ・ブロンソンを元ネタにした強面の人と、20歳なりたてとかでコンビを組むわけですよね?
平松 べつに自衛隊上がりだろうが、原作がおもしろければ全然OK!
―ただ、武論尊先生は本宮プロで仕事もせずノミ屋をやってアシスタントから金を巻き上げたりで迷惑だから、自衛隊仲間の本宮ひろ志先生から引き離すために無理矢理原作者にしたみたいな話を聞いたんですけど……。
平松 っていうふうに聞いてますけどね。
―それでも全然なんの問題もなかった。
平松 はい。
―と言いつつ、『ドーベルマン刑事』の第1話でいきなり問題になったんですよね?
平松 そうですね、精神障害者が刑務所から出て加納(錠治)に復讐するっていう話で、よだれがブワーッてなってるのがどっかの養護施設で問題になって。編集長と編集者と武論尊さんで謝罪に行ったみたいです。「平松くんはまだ若いから、何言うかわかんないんで行かなくていい」って(笑)。
―武論尊先生はちょっと違う言い方してましたよ。「平松くんには未来があるからって言われて、俺が謝りに行ったんだよ。俺に未来はないのか!」って怒ってました(笑)。
平松 ハハハハハ! いま考えれば武論尊さんのほうが『北斗の拳』でブレイクして、すごい未来じゃないですか。俺はそこそこで。
―初連載でいきなりそういう波風が立つのって、どういう気持ちだったんですかね?
平松 とにかく毎週連載が初めてだったので、アシスタント時代、中島(徳博)さんがゲーゲー吐きながら連載の仕事してたのが怖くて怖くて。どっかクレームが来たとかより、とにかく締め切りのことが先だったんですよ。とにかく落としちゃいけないっていうのが一番だったので、クレームが来ようがとにかく1週間後の締め切りが……。ホントに身を削って描かなきゃ週刊連載なんてできないんだなってうのは、言葉じゃなくても仕事のやり方を見てればわかったので。ホントに週刊連載ってたいへんなんだなっていう。
―『アストロ球団』みたいな1試合全力投球を漫画でもやるんだって感じですか。
平松 ホントに全力投球でしたからね。だから『ジャンプ』で週刊連載が決まって喜んだっていうより、「え、マジですか、俺やるんですか……とうとう俺の番が来たか」って思うぐらい、怖かったんですよ。
―もはや赤紙が来たぐらいの。
平松 赤紙が来たみたいな感じで(笑)。
―締め切りはなんとかできてました?
平松 なんとかできてましたね。1回目は30ページぐらいで、ふつうの週刊の20ページより多いんですけど、そのあと4回ぐらいは20ページが続いて。20ページで前編後編にしたら、人気アンケートが1回目よりはよくなかったのかな ? 1回目は1位だったんですけど。やっぱり読み切り形式にしたほうがいいだろうっていうことで、また30ページになったんです。それがだからもう……。
―どんどん苦しくなっていって。
平松 初めての連載じゃないですか。しかも20歳そこそこで、いきなり毎週大増ページでしょ、肉体的にホントキツかったですよ。でも、いい原作だったんで。当時は直す技術もなかったんでしょうけど、おもしろくノッて描けたんじゃないですかね。
 
ーーインタビューの続きは現在発売中のBUBKA2017年10月号で!

平松伸二
PROFILE/1955年8月22日生まれ。岡山県出身。高校1年生の時に少年ジャンプの新人漫画賞に『勝負』が佳作に入選。その後上京して『アストロ球団』の中島徳博のアシスタントに。そして、『ドーベルマン刑事』で初の連載スタート。それからは『ブラック・エンジェルズ』『マーダーライセンス牙』などド外道犯罪者を懲らしめる勧善懲悪モノを書き続ける。現在はグランドジャンプで自身の漫画家人生を描いた「そしてボクは外道マンになる」を連載中。

 
▼BUBKA10月号のご購入は、全国の書店、コンビニ、下記ネット書店よりどうぞ!

     
吉田豪の"最狂"全女伝説 女子プロレスラー・インタビュー集   【大好評発売中!】
愛憎に満ちた全女のリングに迫る!
吉田豪の"最狂"全女伝説
女子プロレスラー・インタビュー集
著/吉田豪
定価◎本体1,574円+税

→ 詳細はこちらから

PICK UP とにかく読んで頂けないか

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING あなたが読めばランクも変わる

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp