ブブカ

AKB48

【BUBKA 10月号】AKB48 Team8(鹿児島県代表)下青木香鈴 インタビュー『根拠のない自信を形にするために 自分の部屋から世界へ』

「世界の下青木」を自ら名乗り存在を提示した下青木香鈴。やさぐれ配信やぼやきキャラでSHOWROOMを賑やかしているが、ステージでは歌とダンスで自分を表現するアイドルそのもの。自分でも気づいている殻を破った時、本当の意味で“世界”に飛び出すことができるはず!

【PR】
【PR】

AKB48 Team8(鹿児島県代表)下青木香鈴 インタビュー『根拠のない自信を形にするために 自分の部屋から世界へ』
 
 勝ち取ったフロント
 
――チーム8のメンバーには毎号出ていただいているんですけど、本当はもっと早くお招きしたかったんです!
下青木 えー、嬉しいです!
――「世界の下青木」ですから、多忙を極めているのかと思いまして。
下青木 ははは。
――それはそうと、昨日行われたコンサート「8月8日はエイトの日2017今年は名古屋だ!センチュリー祭り」についてお聞きします。昼の部と夜の部の二部にメンバーが分かれての出演でした。
下青木 昼がヤングメンバー、夜がアダルトメンバーで分かれていたんですけど、私は夜の部でした。浮いてるなぁと自分でも思ったんですけど、カッコいい大人っぽい曲にも挑戦できたので、成長できたかなと。今回はリハーサルの時間があまり取れなくて、あっという間に本番を迎えてしまいました。私、覚えるのに時間がかかるので。
――ダンス経験があるのに?
下青木 集中力が切れるのがめっちゃ早いんです。一日で詰め込まれると後半は意識がもうろうとします。
――印象的だった曲はありますか?
下青木 自分が選ばれたSHOWROOM選抜の曲『プライベートサマー』です。自分で勝ち取ったポジションをフロントで踊ることができて嬉しかったです。
――5月25日~6月16日にSHOWROOMイベントが開催されて、獲得ポイントによる順位が発表されました。1位は大西桃香(=奈良県代表)さんで、セカシモさんは5位でした。他のグループのメンバーもいるから、昨日は正規の16人で踊ったわけではありませんでしたね。
下青木 「ポジションを変えるか」って聞かれたんです。「もっと上にするか」って。でも、私は変えたくなかったから、自分のポジションで歌いました。これからも譲りません(笑)。
――自分で掴んだポジションですからね。そして、トップリードプロデュース「君も8(エイト)で泣こうじゃないか」公演の初日メンバーが発表されました。
下青木 初日に選んでいただいてビックリしました。一度公演を観に来てくださって、その日、たまたま公演に出ていたからなのかなって思いました。発表されて、めっちゃ叫んで、泣きました。
――泣き叫びましたか(笑)。そんなに泣く人でしたっけ?
下青木 めっちゃ泣きます。SHOWROOMでは意地でも泣かないって決めてるから、泣いたことないんですけど。
――そうなんですね。まだ夏は終わっていませんが、去年よりも忙しいんじゃないですか?
下青木 忙しいです。青森県でのツアーもあったし、TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)にも参加させていただいて。TIFは去年出ていないんです。出ないメンバーは自主練していて、すごく寂しい思いをしたので。出演できるという連絡が来て、「イエーイ!」みたいな(笑)。親にも、「よっしゃー!」って連絡しました。
――親にもよっしゃー(笑)。エイトはHOT STAGEとSMILE GARDENに登場しましたが、後者は特にお客さんの入りがすごかったですね。
下青木 盛り上がりにビックリしました。
――まわりのお客さんが、「(AKB48はアイドル界の)トップだから観に来た」と話しているのが聞こえてきました。
下青木 初めての顔触れがステージ上から大勢見えたので、たしかにAKB48ということで観に来てくださっているのかなって思いました。ファンの方は、がむしゃらに頑張っている私を好きでいてくれるので、TIFでも目立ってやろうという気持ちでした。すごく暑かったんですけど、誰よりも踊ってやろうと思って。
――ああいう場所だと、他のグループのことを意識せざるを得ないと思います。
下青木 モニターを見ていて、体力があってすごいなぁと思いました。特にアップアップガールズ(仮)さんはすごかったです。
――他のグループについてメンバーとは何か話しましたか?
下青木 「このコ、かわいい」とか「このコ、歌が上手」とか、そういう話が多かったです。
――じゃあ、ピリピリしているわけではなかったんですね?
下青木 そうですね。
――他に印象的だったことは?
下青木 乃木坂46の大園桃子さんと写真を撮りたいなと思ったんですけど、話しかける勇気がなくて、眺めていました。すぐ近くにいたのに。
――同じ鹿児島出身ですからね。次のチャンスは逃さないでください(笑)。

--インタビューの続き、魅力満載のグラビアは現在発売中のBUBKA 2017年10月号にて!
 
下青木香鈴(しもあおき・かりん)
2000年10月28日生まれ、鹿児島県出身。AKB48・チーム8所属。ボーカル・ピアノ・ドラム、最近ではギターと一人バンドを結成する勢いの「薩摩オールスターズ」。逆ギレしながらトンカツを揚げ、食べるという早朝配信を行い、視聴者の多くが星ではなく胃薬を放り込んだ。愛称は「かりん」。
 
 
▼BUBKA10月号のご購入は、全国の書店、コンビニ、下記ネット書店よりどうぞ!

     

akb48

AKB48(えーけーびーふぉーてぃーえいと)

日本の女性アイドルグループ。秋元康のプロデュースにより、2005年12月に誕生した。
東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりでほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通した遠い存在だったアイドルを身近に感じ、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドル・プロジェクトとされている。


PICK UP とにかく読んで頂けないか

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING あなたが読めばランクも変わる

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp