ブブカ

AKB48

【BUBKA9月号】 AKB48 Team8(京都府代表)太田奈緒 × AKB48 Team8(大阪府代表)永野芹佳 グラビア&インタビュー これから先、チームの力以上に必要なこと『チャンスの向こう側』

チーム8初のランクインメンバーが出た昨年の総選挙。
今年の彼女たちは大きな期待が寄せられていた。
新たに念願が叶った3人の内、太田奈緒と永野芹佳は同じ関西代表として快挙を成し遂げた。
地道な努力が実を結び成果を出した2人が、さらなる飛躍をするために必要なこととは?

【PR】
【PR】

AKB48 Team8(京都府代表)太田奈緒 × AKB48 Team8(大阪府代表)永野芹佳
 
大阪・京都の関係

――本題に入る前に、関係性からお聞きしたいんですけど……。
永野 3年前に合格して最初に話したのが奈緒だったんです。
太田 芹佳が話しかけてくれて。書類を記入する時、「これってどうするんですか?」っていう軽い質問だったんですけど、その後も京都と大阪で席が近いことも多いから、しゃべるようになりました。
永野 移動のバスも隣になったりして。
太田 名前も早く覚えたし、仲良くもなりました。
永野 メンバーで最初に「奈緒」って呼べました、こっちが年下なのに。
太田 みんな今でも「奈緒ちゃん」が多いんですけど、「奈緒」って呼んでくれる数少ないメンバーなんです。ホテルでも同部屋になることが多くて。
――そうなんですね。でも、テレビでよく特集されていますけど、「京都と大阪不仲説」ってありますよね。
太田 そんな。全然やんな?
永野 うん。京都、大好きです!
太田 大阪、す、す、好きです。
――ちょっと待ってくださいよ! ホントに好きなんですか⁉
太田 ホントですって! 嫌いではないです!
――「嫌いではない」という言い方が(笑)。
太田 いや、人混みが苦手っていう理由であまり行くことはないんですけど、好きなんです。
――じゃあ、ヒョウ柄の服着たおばちゃんを見かけたら、どう思います?
太田 「おお~、大阪やなぁ」って(笑)。
永野 アハハハ!
――それは上から言ってます?
太田 下からです!
永野 私は、関西では大阪が一番と思ってますけどね(笑)。『秘密のケンミンSHOW』でよくやってるじゃないですか、京都は大阪を下に見てるって。テレビの影響は大きいから、大阪はバカにされてるなっていうのは思います。
太田 まあ、京都は品があるとは思ってますけど。
――大阪はどうなんですか?
太田 大阪は……ちょっと荒い。
――言葉を選びましたね(笑)。この話は延々できるんですけど、そろそろ本題に入ります! 総選挙ランクイン、おめでとうございます!
太田&太田 ありがとうございます!
――速報から振り返ってください。
永野 今年も厳しいかなと思っていたんですけど、握手会でファンの方が、「今年はイケるよ!」と言ってくださって。それでも厳しいと思っていたから、速報だけでも入りたいとファンの方に伝えていたんです。その結果、速報35位という素晴らしい順位をいただくことができました。感謝しかないです。
――ファンの方に火を点けるにはそれなりの理由が必要だと思います。それは何なんでしょうね?
永野 チーム8が始まってすぐの頃、私はセンターをやらせていただくこともあったんです。でも、徐々に序列が下がってしまって。そのことがファンの方に火を点けたんだと思います。『夢へのルート』(昨年春)でポジションが下がっちゃったんです。その時にファンの方が、「僕たちがついてるから大丈夫」と言ってくださって。私自身もこのままじゃダメだと思って、もっと頑張りました。
――具体的には何に力を入れました?
永野 握手会で自分の素を出すようにしました。初期には、「表情が硬い」と言われがちだったんですけど、最近は、「笑顔が増えた」と言われるようになりました。
――太田さんは速報41位でした。
太田 今年は出るか出ないかで悩んでいました。ファンの方もその悩みに気づいたみたいで。でも、悩んだ結論は、「チャンスがある限り諦めたくない」というものでした。立候補した理由をSHOWROOMでお話したら、ファンの方も喜んでくださって、「絶対ランクインさせる!」と。ファンの方が私の背中を熱く押してくださって、心が折れそうな時も諦めたらあかんなと思いました。
――チャンスというのは?
太田 ランクインできたら、MVに映れたり、活動の幅が広がったりするじゃないですか。そういうチャンスが総選挙には転がっているんです。だったら、出るしかないですよね。今年は、「今回が最後」っていうくらい、総選挙に賭けようと思っていました。だから、「ランクインしたいです」と目標をハッキリ言いました。いつもそういうの言えないんですけど(笑)。
――永野さんの目標は、「エイトで一番」でしたよね。
永野 はい。「一番」という言葉が好きなので。何をするにも一番がいいので、言いました。
太田 すごっ! 尊敬するわ。
永野 一昨年からずっと言ってます。

 
ーー続きは絶賛発売中のBUBKA(ブブカ)9月号にて!
 
太田奈緒(おおた・なお)
1994年12月5日生まれ、京都府出身。AKB48チーム8所属。
「そうだ、京都行こう」と思わされずにいられない笑顔を武器にチームを見守る「はんなり将軍」。ランクイン時、トップリードの2人に歓喜の涙を流させたように女優として観客の感情を揺さぶらせることに期待。愛称は「なお」。
 
永野芹佳(ながの・せりか)
2001年3月27日生まれ、大阪府出身。AKB48・チーム8所属。
トヨタ歴代の名車と同じく「神秘的な」という意味のスペイン語をその名に冠して走り出した「ホワイトセリカ号」。透き通る輝きが太陽光をも反射してしまうからか、海に行っても焼けないともっぱらの噂だ。
愛称は「SERIKA」。
 
▼BUBKA 9月号のご購入は全国の書店、コンビニ、および下記ネット書店よりどうぞ!

     

akb48

AKB48(えーけーびーふぉーてぃーえいと)

日本の女性アイドルグループ。秋元康のプロデュースにより、2005年12月に誕生した。
東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりでほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通した遠い存在だったアイドルを身近に感じ、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドル・プロジェクトとされている。


PICK UP とにかく読んで頂けないか

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING あなたが読めばランクも変わる

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp