ブブカ

欅坂46

【BUBKA9月号】 大勝負を前にあたらめて思う欅の本質と運命の一曲 欅坂46 石森虹花×齋藤冬優花 『道の夏へ』

去年の夏は欅坂46にとって試練の夏だった。
衝撃のデビューを飾り、劇的に変わっていく環境と上手く折り合いをつけながら、全員で乗り切った季節だったと思う。
それに比べて今年の夏は未知。しかし、今後の欅坂46を占う意味で決定的に大切な役割を持つことだけはたしかだ。
だからこそグループのパフォーマンス面を支える二人に聞いてみたい。欅坂46の本質は何か?

【PR】
【PR】

欅坂46 石森虹花×齋藤冬優花 『道の夏へ』
 
ひらがなけやき

―― おふたりは7月6日に行われたけやき坂46の名古屋公演で、ライブビューイング会場向けに潜入レポートを行いましたよね。
齋藤 はい! 本人にも言ったんですけど、私的には虹花とペアだと安心しきってるところがあって。欅坂は前に出て喋るのが苦手な子が多いので、普段は「自分が頑張らなきゃ!」と思ったりするんですけど、虹花はいつもしっかりしてるからいろいろ任せることができるんです。今回は初挑戦だったけど安心してできました。
石森 すごく嬉しいんですけど、私もふーちゃんと一緒のときは気が楽なんですよ。最近このペアが多くて、こうやってインタビューで話すときもふーちゃんは内容を濃く話してくれるタイプだし、隣にいてくれると心強くてめっちゃ嬉しいんです。
 
―― 確かに安定感が強い組み合わせですよね。実際にけやき坂46のライブをああいう形で観るのは初めてでしたよね? 客観的に観られましたか?
齋藤 ひらがなちゃんの曲は客観的に観られたんですけど、やっぱり自分たちの持ち曲を歌うときは感情移入じゃないけど、ちょっと違う目になりました。自分たちがこの曲をパフォーマンスしてるときって、こういうふうに見えてるのかなとか。
 
―― ああ、なるほど。その曲を踊ってる自分たちを観ることって、それこそ映像くらいしかないわけですもんね。
齋藤 そうなんですよ。だからこそ、自分たちの曲のときはちょっと厳しい目で見ていたかもしれませんね。
石森 私は去年のひらがなお見立て会を、おだなな(織田奈那)とレポートしていて。そのとき、みんなが私たちの「サイレントマジョリティー」や「世界には愛しかない」を踊ってくれてたんですけど頑張ってくれてるなっていう感情が強かったんです。でも、こないだのビューイングではお見立て会から見違えるほど成長していて。みんな一生懸命練習していたのも近くで見ていたから、ジーンとしちゃいました。「二人セゾン」では井口眞緒ちゃんが真ん中で頑張って踊ってましたけど、あれもすっごい練習したんだろうなって思うと、胸に迫るものがありましたよ。
齋藤 あと、MCがすごく勉強になりました。漢字欅はMCがまだまだで、常に課題なんですよ。でも、ひらがなちゃんはテンポよく、止まることなくみんな元気に話していて。それに圧倒されるじゃないけど、すごい力があるなって思いました。
 
―― そういう姿を観て頼もしさを感じると同時に、危機感を感じることもありましたか?
齋藤 欅坂46としては同じグループの一員なので、一緒に盛り上げていくっていう意味ではやっぱり頼もしさや安心感があるんですけど、その反面ちょっと危機感というか、このままだとヤバイなっていう気持ちもあります。
石森 ましてや先に全国ツアーを始めて、そこでの経験もかなり大きいしね。
 
――でも、おふたりもけやき坂46に負けないくらい成長していると思いますよ。先日発売された欅坂46の1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』では、いろんなタイプの楽曲に挑戦してるじゃないですか。特におふたりは同じユニットで「少女には戻れない」という大人っぽい曲調にも挑戦してますし。あの曲、めちゃめちゃカッコイイですよね。
齋藤 わーっ、嬉しいです!
石森 ありがとうございます!
 
――それぞれソロパートも多いし、見せ方聴かせ方という点において「サイレントマジョリティー」でデビューした頃と比べて意識が変わったんじゃないかと思いますが?
齋藤 まだユニット曲の振り入れはしてないので、パフォーマンス面で自分がどこまで変わったのかはわからないですけど、でも意識的にはひと皮剥けたじゃないけど恥ずかしさはなくなりました。
 
 
ーー続きは絶賛発売中のBUBKA(ブブカ)9月号にて!
 
石森虹花(いしもり・にじか)
1997年5月7日生まれ、宮城県出身。キラキラした瞳で舞うパフォーマンスに定評のある、欅坂の虹色舞妓。近頃小5用漢字ドリルを進めながら、愛玩動物飼養管理士という難関資格の勉強を進めていることが発覚しおバカ界に激震を走らせている。愛称は「にじか」。
 
齋藤冬優花(さいとう・ふゆか)
1998年2月15日生まれ、東京都出身。濃厚な投げキッスでメンバーを虜にする、悩殺リップ番長。メンバー内相関図では4人から好意を寄せられた爆モテ女であり、ライバルの多さで尾関梨香を涙させた際には欅坂に昼ドラ的愛憎劇が生まれかけた。愛称は「ふーちゃん」。
▼BUBKA 9月号のご購入は全国の書店、コンビニ、および下記ネット書店よりどうぞ!

     

欅坂46

欅坂46(けやきざかふぉーてぃーしっくす)

日本の女性アイドルグループ。乃木坂46に続く坂道シリーズの第二弾として2015年8月に結成。翌年『サイレントマジョリティー』でメジャーデビューを果たすと、斬新な振り付けと若者たちが感じている怒りや虚しさをストレートに代弁する歌詞が話題となり、一躍アイドル界の寵児に。2016年末には結成1年半足らずのスピードで、NHK紅白歌合戦に出演した。既存のアイドルに対する革命的存在として、他業界からも注目が集まっている。


PICK UP とにかく読んで頂けないか

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING あなたが読めばランクも変わる

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp