ブブカ

AKB48

【BUBKA 2017年7月号】 AKB48(チーム8東京都代表) 小栗有以 グラビア&インタビュー 『佳日』

高校生になって大忙しの毎日だけど、部活のない放課後は親戚の旅館のお手伝い。GWも終わってオフシーズン、夏が近づくその前の静かなひと時に見せる、少し大人になった小栗有以の等身大の姿を覗いてみた。

【PR】
【PR】

AKB48(チーム8東京都代表) 小栗有以
 
小栗有以(おぐり・ゆい)
2001年12月26日生まれ、東京都出身。AKB48チーム8所属。
天上天下有以が独走中、形にならない概念が地上に降り立った「カワイイ有形文化財」。撮影の際の衣装フィッティング時も無意識にポージングをとり、天性のアイドル気質を惜しみなく発揮している。愛称は「ゆいゆい」
 
 
 言われたい言葉
 
──半年ぶり2回目のグラビアでした!
小栗 前回は東京で大好きな原宿で撮っていただいて、今回はすごい「和」って感じでびっくりしました。
 
──和室にはあまり縁がないですよね?
小栗 旅館には家族で温泉に行った時に泊まったりするので、久しぶりにまた来れたなーって嬉しかったです♡
 
──由緒正しい旅館も本望だと思いますが、ハートが語尾に付いてます(笑)。女性が多い撮影現場で、ため息混じりの「可愛い……」がいたるところで聞こえました。意識してのことなんですか?
小栗 意識はしてないですけど……DVDを観てぱるる(島崎遥香)さんの表情を研究したりしています。
 
──研究の成果は存分に出てると思います!(笑)。「可愛い」は言われ慣れていると思うので、それ以外に言われて嬉しい言葉を教えて下さい。
小栗 うーんと……私は「ありがとう」って言われたいです。
 
──そんなこと言うのがまた……理由やエピソードはありますか?
小栗 「ありがとう」って言われたいから、言われるようなことをしたくて。
 
──「ありがとう」に貪欲!(笑)
小栗 友達にプレゼントした時とかに「うわぁー、嬉しい!」って言ってもらえるんですけど、「『ありがとう』って言ってほしいなー」って思うんです。
 
 
--続きは現在発売中のBUBKA 2017年7月号にて!

 
akb48

AKB48(えーけーびーふぉーてぃーえいと)

日本の女性アイドルグループ。秋元康のプロデュースにより、2005年12月に誕生した。
東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりでほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通した遠い存在だったアイドルを身近に感じ、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドル・プロジェクトとされている。


PICK UP とにかく読んで頂けないか

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING あなたが読めばランクも変わる

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp