ブブカ

SKE48

【ブブカ9月号掲載】SKE48柴田阿弥×AKB48込山榛香インタビュー「アイドルとしていちばん大事なこと」

名古屋と東京、それぞれの場所でもがくアイドルがいた。
数百人いる48グループの中で二人は巡り会った。
今まさに広い世界に飛び立とうとしている“希望”の先輩を、“愛”で超えようとする後輩。
48グループで足掻く全てのメンバーに捧ぐバラードがここにある!

【PR】
【PR】

large.jpg
柴田阿弥(しばた・あや)写真右
1993年4月1日
愛知県出身 
SKE48・チームE所属
ニックネーム/あやちゃん

込山榛香(こみやま・はるか)写真左
1998年9月12日
千葉県出身 
AKB48・チーム4所属
​ニックネーム/こみはる
 

■人生を変えた日

──柴田さんの卒業直前、念願の師弟対談が実現できてめちゃくちゃ興奮しております!

込山 本当にうれしいです!

柴田 ありがとうございます!

──では、まずはこれから始めなくちゃですね……込山さん、改めまして総選挙21位ランクインおめでとうございます!

柴田 わー、おめでとう!(拍手)

込山 ありがとうございます!

──いまの率直な思いを聞かせていただけますか?

込山 私、AKB48に入ってからこうやって目に見えるかたちで結果を残せたのはこれが初めてなんです。「どれだけがんばればいいんだろう?」って悩んだこともあったし、矛盾を感じることも多かったので、余計にすごくうれしくて。

──柴田さんは高橋みなみさんと共に込山さんをここまで導いた彼女の恩師的な存在といえるわけですが、ふたりの出会いは『AKB48旅少女』(日本テレビ/2015年4月19日放送)での共演が最初になるんですよね。込山さんはもともと柴田さんに憧れを抱いていたと聞いています。

込山 私がAKB48での活動に矛盾を感じて悩んでいたころ、いつもしのぶさん(茅野しのぶ/AKB48グループ総支配人)が「先輩のなかには逆境にもめげずに努力を重ねて這い上がっていったすごいメンバーがいるからがんばってほしい」って言って励ましてくれていたんです。で、あるとき「そのメンバーって誰なんですか?」って聞いたら阿弥ちゃんの名前が返ってきて。

柴田 えーっ、初めて聞いた!

込山 「阿弥ちゃんはファンとの絆がいちばん強いメンバー」とも言ってました。「自分の努力とファンの方の熱意で選抜入りした阿弥ちゃんのような成功例があるんだから、こみちゃんも自分を信じてがんばりなさい」って。

──いま改めてあのときの『旅少女』を見てみると、込山さんが打ち明けた悩みを一刀両断で解決していく柴田さんがものすごく頼もしくて。柴田さんとしては、込山さんのお話を聞きながら過去の自分の姿を重ね合わせていたようなところがあったのでしょうか?

柴田 それはもう会ってすぐにですね。「このコは私案件だ!」って(笑)。

込山 もちろんそれまでにも私の悩みを聞いてくれたメンバーやスタッフさんもいたんですけど、阿弥ちゃんの場合は実際に自分が通ってきた道だから説得力があったんですよ。

──そんな柴田さんも6月24日、ついに卒業を発表しました。

込山 「卒業しちゃうのかな?」とはずっと思っていて……(目を潤ませて)あー、もう泣きそう……。

柴田 ええっ!

込山 『AKB49』の舞台にも総選挙にも出なかったから、きっとなにか理由があるんだろうとは思っていました。阿弥ちゃんはいつもすごく前向きだから、自分の目標に向かって動き出したんだろうなって……(涙を流しながら)でも、私が心から好きと思える先輩がどんどんいなくなっていっちゃうのが本当に寂しくて……。

柴田 うれしい……こんなふうに言ってくれる人、ほかにいないから(笑)。

込山 これから先、たかみなさんや阿弥ちゃんのような人は絶対に現れないと思う(涙)。

柴田 別に死ぬわけじゃないんだから大丈夫だって(笑)。これからこみちゃんがどんな壁にぶつかるかわからないけど、私が経験した範囲ならなんでも答えるから大丈夫。たかみなさんだってきっとそうしてくれるよ。

──柴田さんは『旅少女』のときに「腐らずに努力していれば見てくれる人は必ずいる」「推されじゃなくてあとから自分の力で這い上がっていったほうがストーリー的におもしろいんだから自分の物語に自信を持ちなさい」とアドバイスしていましたが、地道な努力がストーリーとして積み上げられていく希望をあの時点で込山さんに垣間見せていたことはものすごく大きな意味があったと思います。そのあと総選挙を挟んだ9月21日、込山さんの生誕祭に贈った柴田さんのお手紙も本当に感動的でした。

込山 あのお手紙で「私と境遇が似ている」って阿弥ちゃんから言ってもらえたのはすごく自信になりました。がんばり続けたら阿弥ちゃんみたいになれるんだって思えて。私は阿弥ちゃんが自分の道しるべだと思ってるんです。

──柴田さん、「こみちゃんは最高のアイドルです」と書いていましたね。

柴田 ブレずに一生懸命やってるのは本当にすごいと思って。まだ周りに合わせてしまったり、雰囲気に流されてしまっても仕方がないと思うんです。それでもこみちゃんはファンの方を大事にしながら自分を信じてがんばっていて、しかもいつだって笑顔でいるんだから素晴らしいアイドルですよ。

──込山さんは当時総選挙で圏外になった直後でかなりつらい時期だったと思うんですけど、柴田さんのお手紙はそんな彼女の心情を完璧に汲み取っていたと思います。

柴田 人の弱みにつけ込むのがうまいんですよ(笑)。

込山 阿弥ちゃんのこういうところが大好きなんですよー(涙)。

──柴田さんも以前は込山さんと同じように壁にぶつかって悩んでいたわけですよね。それを乗り越えていまの境地に辿り着いたのにはなにか大きなきっかけがあったのでしょうか?

柴田 やっぱり総選挙ですね。総選挙で初めてランクインしたときにがんばっていれば報われるんだということがわかったから、だからこみちゃんにも自信をもって「大丈夫」って言うことができたんです。私の人生はあのときを境に大きく変わりました。


続きは現在発売中のBUBKA9月号で掲載

 
ske.png

SKE48(えーすけーいーふぉーてぃーえいと)

日本の女性アイドルグループ。AKB48の全国進出プロジェクトの第一弾として2008年7月に愛知県名古屋市に誕生した。グループ名のSKEは、本拠地の同市栄区(SaKaE)から。明るく激しく汗の量ならどこにも負けないをモットーに、地元で愛されるグループを目指して活動中。熱狂的なファンが多いことでも知られており、選抜総選挙やライブでの盛り上がりはグループ随一。2017年2月には4年半ぶりのアルバム『革命の丘』を発売し、反転攻勢の準備は整った。


PICK UP とにかく読んで頂けないか

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING あなたが読めばランクも変わる

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp