ブブカ

SKE48

【ブブカ9月号掲載】SKE48北川綾巴×竹内彩姫インタビュー「芽が花を咲かせる時」

今年の総選挙、全ての48ファンを驚愕させた竹内彩姫の快進撃。そして、選抜や兼任など多くを期待されステージに立つ北川綾巴。
正反対の道を歩んできた彼女たちが今、交わる時がきた。動き始めたSKE48新章の主役は、彼女たちなのかもしれない。
本誌掲載インタビューの一部をBUBKA Webでも公開する。

【PR】
【PR】

large.jpg

北川綾巴(きたがわ・りょうは)写真右
1998年10月9日
愛知県出身 
SKE48・チームS所属/AKB48・チーム4兼任
ニックネーム/りょうは

竹内彩姫(たけうち・さき)写真左
1999年11月24日
愛知県出身 
SKE48・チームKⅡ所属
ニックネーム/さきぽん

 

■念願の初選抜

──お二人ともシングル『金の愛、銀の愛』の選抜メンバー入り、おめでとうございます。

北川竹内 ありがとうございまーす!

──竹内さんは念願の初選抜ですね。家族も喜んでくれたんじゃないですか?

竹内 おじいちゃんが一番喜んでくれました。おじいちゃん可愛いんですよ!

──ブログでも書かれていた、お味噌汁を作ってくれるおじいちゃん。

竹内 全部、おじいちゃんの畑でとれる野菜で作るんです。なんでもあるんですよ。魚も釣ってくるし。私、自然の中で生きてきたんで!

北川 育ちが違うわ。

──なるほど(笑)。今日はそんな二人の違いについても聞ければと思いますが、まずは竹内さん、今回の選抜入りが決まった時の心境を教えてください。

竹内 うーん、まず最初の気持ちは不安ばっかりでした。総選挙の結果があったから選んでもらえたのかなって。

──総選挙の結果が素晴らしかったわけですから、それは喜んでいいところなんじゃないですか?

竹内 もちろん嬉しかったです。本当に嬉しいという実感が湧いてきたのはMV撮影の前日でしたけど(笑)。でも、私は握手人気が高いわけでもなく、これといった結果が残せていないんですよ。総選挙はファンの方のおかげで、圏外から31位にさせていただいたわけですし。

北川 ……すっごい。

竹内 あ! 私のファンの方たちの取材したんですよね?

──え!? なんで知ってるんですか?

竹内 握手会で聞きました(笑)。からあげ一緒に食べたって。いいなー。

──先月のBUBKAにレシピが載っているんで作ってみてください(笑)。綾巴さんは何回目のシングル選抜入りでしたっけ?

北川 え……何回だろう? (『賛成カワイイ!』から数え始める)……8回目ですかね。なんかもう、いまだになんでなんだろうって感じです。なんでこんな、特別可愛いわけでも、ダンスができるわけでも、スタイルがいいわけでもないし。不器用で見ててイライラするようなこんな……。

竹内 ネガティブだなー!(笑)。

──今日はこうして二人に取材をお願いしたわけですけど、接点があまり見えてこなかったんですよね。それは、二人が正反対の道を歩いてきたということでもあると思います。

竹内 チームも違いますし、私は6期生で昇格したのも一番最後でしたから。

北川 でも遊びに行ったりする仲ですよ。

竹内 鍋食べたよね。いつだっけ?

北川 覚えてない……。

──はるか昔のことじゃないですか(笑)。

竹内 会えば話すんですよ。でも会わないことが多いから。

北川 チームが違うと、本当にとことん会わないんですよ。握手会で「おはよー。久しぶりー。元気ー?」みたいな。

竹内 本当そんな感じ(笑)。

北川 だけど、やっぱり心の中じゃ同期は特別です。特別扱いです!

竹内 そうそう。それに、綾巴は私にとっては希望の光でしたよ。


続きは現在発売中のBUBKA9月号で掲載

 
ske.png

SKE48(えーすけーいーふぉーてぃーえいと)

日本の女性アイドルグループ。AKB48の全国進出プロジェクトの第一弾として2008年7月に愛知県名古屋市に誕生した。グループ名のSKEは、本拠地の同市栄区(SaKaE)から。明るく激しく汗の量ならどこにも負けないをモットーに、地元で愛されるグループを目指して活動中。熱狂的なファンが多いことでも知られており、選抜総選挙やライブでの盛り上がりはグループ随一。2017年2月には4年半ぶりのアルバム『革命の丘』を発売し、反転攻勢の準備は整った。


PICK UP とにかく読んで頂けないか

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING あなたが読めばランクも変わる

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp