ブブカ

AKB48

【ブブカ8月号掲載】AKB48山田菜々美インタビュー「エイト人間で生きていく!」

バラエティ番組や劇場公演でコミカルなリアクションと恐縮キャラで注目を集めているチーム8兵庫県代表の山田菜々美。関西組ならではの笑いで愛されている彼女だが、その実力も折り紙つき! 兼任、楽曲センター、選抜と大抜擢の彼女がチーム8と出会い、大きく変わっていく人生を驚き、照れ、そして恐縮しながらに語ってくれた。本誌掲載インタビューの一部をBUBKA Webでも公開する。

【PR】
【PR】

large.jpg
山田菜々美(やまだ・ななみ)
1999年2月9日生まれ
兵庫県出身
AKB48・チーム8所属
ニックネーム/山田


◼︎山田のリアクション

──撮影中も楽しそうですね!

山田 いやいや、そんな!

──そんなに恐縮することはないですよ。

山田 いや~、私なんかを取り上げていただいてありがたいですよ~。

──チーム8のメンバーといる時も、笑いの中心にいる感じですか?

山田 私はみんなの笑いの波に、一緒に乗っている感じです。

──チーム8で面白い人といえば山田さんというイメージですけど、ご自身ではどう思います?

山田 私はただワチャワチャしているだけで、真逆なタイプなのが岡部麟(茨城県代表)ちゃんですね。独特の世界観を持っていて、私には真似できません。

──あなたの真似も誰もできません(笑)。

山田 いやいやいやいや!

──でも、山田さんのことはすぐに覚えますよね。

山田 あぁーー、いやぁー、嬉しいです!

──褒められるの、苦手なんですね。

山田 そうなんですよ~。慣れないですね。関西で育つと、みんなにイジられるというか、ツッコまれるので。

──たとえばテストで100点取っても、お母さんに褒められないですか?

山田 あのー、人生で100点を取ったことがなくて……。学校でもクラス替え直後は頭良さそうって思われて、先生に指されるんですけど、何も答えられないくて、「バカなんだ……」ってみんなに思われるタイプで。

──質問を間違えました(笑)。チーム8ではどんなキャラですか?

山田 その場を明るくしようというのはあるんですけど、面白いキャラというわけでもないです。公演とかだとまとめないといけないという気持ちもあるので、自分でもどんなキャラかよくわからないです。

──サービス精神はあるんですね。

山田 メンバーが一人でメイクしてたとしたら、ちょっかい出しますね。「何してるん? ツンツン」みたいな。

──何してるって、明らかにメイクしてるんでしょうけど(笑)。山田さんといえば過剰なリアクションじゃないですか。

山田 あーー、いやーー、それはありがたいです。

──今みたいに、先輩と絡むときに恐縮するジェスチャーがいいですよね。

山田 握手会でも言われるんです、「騒がしいね!」って。


続きは現在発売中のBUBKA8月号で掲載


 
akb48

AKB48(えーけーびーふぉーてぃーえいと)

日本の女性アイドルグループ。秋元康のプロデュースにより、2005年12月に誕生した。
東京・秋葉原(東京都千代田区外神田)に専用劇場「AKB48劇場」(エーケービーフォーティエイトシアター)を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトとしてチームごとに日替わりでほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。マスメディアを通した遠い存在だったアイドルを身近に感じ、その成長していく過程をファンに見てもらい、ともに成長していくアイドル・プロジェクトとされている。


PICK UP とにかく読んで頂けないか

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING あなたが読めばランクも変わる

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp