ブブカ

アイドルニュース

ミスiD2015注目のひめキュン奥村真友里って?

講談社主催の“新しいタイプの女の子”を発掘し、育てるオーディション企画、ミスiD(アイドル)2015のなかでも、ひときわ輝きをはなっているのが、人気アイドルグループひめキュンフルーツ缶に所属している奥村真友里さん! 語っても語り尽くせぬ彼女の魅力に緊急激迫!

【PR】
【PR】

a.png

●「戦争のことを伝える語り部になりたい」!!
 
 講談社主催の“新しいタイプの女の子”を発掘し、育てるオーディション企画、ミスiD(アイドル)が2013年から始まった。第1回のグランプリには『ViVi』の専属モデルを務める玉城ティナ、第2回のグランプリには蒼波純が選ばれている。
 
 さて、第3回となるミスiD2015のセミファイナリストが先日発表された。60名という大人数の候補者の中で、注目の一人が奥村真友里である。まずはこちらのミスiD自己紹介動画を観ていただきたい。
 

ミスiD2015 EntryNo.14 奥村真友里 自己紹介動画

 
 どうです? この特技・おしりまわり!これをそもそも特技と呼んでいいものなのかもよく分からないが、回り始める時の表情&仕草と、回ってる時の間抜けで滑稽な……いやユーモアのある様相、最高じゃないですか!
 
 それからコメント。「モデルになりたい」「女優になりたい」はまあ当然として、「若い世代に戦争のことを伝える語り部になりたい」!! プロフィールを見ても、「最近みた映画は?」の質問に、『きけ、わだつみの声』『君を忘れない』『永遠の0』と戦争映画ばっかり!! 
 
 奥村はまゆりんの愛称で呼ばれることが多いので、この文中での表記もそれを使わせていただくが、まゆりんの太平洋戦争(本人が「太平洋戦争」と呼んでいるのか「大東亜戦争」と呼んでいるのか気になるところだ)への興味・感心は、ファンの間では有名な話。『永遠の0』を挙げたことで、まゆりん右傾化の危惧も取り沙汰されているが、これは杞憂だろう。
 
「みた映画」のラインナップを見ても、『きけ、わだつみの声』は一般的に反戦映画として捉えられる作品だし、僕達大人のようにすぐ気に入らない考え方の持ち主に対して「ウヨク」「サヨク」とレッテル貼りする思考パターンなのではなく、自分と同世代の若者が戦争に加わり、死んでいかざるを得なかった、その状況を少しでも知りたい、どのようなものだったのかを少しでも理解したい、という純粋な気持ちからくるものに違いない。
 
 そもそも『永遠の0』も、バカキャラ&ネトウヨキャラ(レッテル貼り!)が日本中に定着した百田尚樹先生が書いてるから戦争万歳映画として捉えられがちだが、「戦争で死にたくない」と臆病者呼ばわりされる青年が主人公で、戦争や特攻精神を賛美する映画ではない。原作者の百田尚樹先生の言動があまりにもトンデモだから、映画の内容も誤解されがちだが、それについては強調しておきたいところ。まあ、面白いかどうかは別として……。
 

b.pngひめキュンフルーツ缶『バズワード』PV

●愛媛のアイドル・ひめキュンフルーツ缶の一員
 
 奥村真友里という人物を紹介する趣旨であるにも関わらず、百田尚樹大先生のことに、文章がそれたので話を戻す。
 
 まゆりんは愛媛県松山市を拠点とするひめキュンフルーツ缶(以下、ひめキュン)のメンバーの一員。「千年に一人の逸材」というキャッチコピーで話題を集める橋本環奈が、福岡のアイドルグループ・Rev.from DVLの一員であるように、現在、ご当地のアイドルグループが脚光を集めているが、ひめキュンは全国に多々あるご当地アイドルの中でも屈指の人気と実力を誇る存在と言っていい。
 
 そんなひめキュンにおける(自称?)ビジュアル担当のまゆりん。2010年にミンティアガールズの愛媛県代表に選ばれ、昨年出演したカゴメ野菜生活100「愛媛甘夏」編のCMは首都圏でも放送された。集英社の漫画雑誌『アオハル』のWEB版アオハルオンラインのアオハルフォトかるた~愛媛・仙台アイドル編~では、Drothy Little Happyの富永美杜とともに、その類まれなる美少女っぷりを存分に発揮している。
 
●超絶美少女だけど、魅力はそれだけじゃない!
 
 まゆりんの、洗練されていながら古風な雰囲気も漂わせる超絶な美少女ぶりは、画像検索してもお分かりになると思うが、ひめキュンのイベントなどで間近で観た時のインパクトは、写真で見るそれを遥かに凌駕する。
 
 大きな黒目の澄んだ瞳。神秘的な雰囲気を漂わせ、その落ち着いた佇まいは静かな森のような美しさで、握手会などではそんな美少女にまっすぐこちらを見つめられるのだ。気が動転しない方がおかしい!
 
 静かな森のような美しさだからといって、近寄りがたさがあるわけではないし、無口というわけでもない。
 
 ただし、ひめキュンのメンバーに総じて言えることでもあるが、まゆりんは「来てくださって有難うございます!」「ライブどうでしたか!」「また絶対来てくださいね!」みたいなハキハキしたテンプレ対応はしてくれない。お約束なフレーズに頼るのではなく、あくまでもマイペースに、思ったことをくだけた口調で話しかけてくる。
 
 吸い込まれそうな澄んだ瞳は何を考えているのか全く分からない雰囲気を醸し出しており、喋ってもその印象は変わらない。何を考えているのか分かりそうもない、いや、そもそも、こんな超絶美少女の考えてることを推察しようなんておこがましいにもほどがあるけど、そんな不思議な美少女と喋っている、いや自分などとお話しいただいている、お声をかけていただいている……普通に生活していては全く味わえない経験だ。
 
 それから話し方が割とぶっきらぼうなのもまゆりんの特徴の一つ。
 
 例えば、「明日のライブにも来るの?」と言う際、「明日は?」だけ。このぶっきらぼうさも、自分ごとき輩とこんなぶっきらぼうにお話しいただいている! と感動を禁じ得ない。ぶっきらぼうだからといって、キャバクラやガールズバーのお姉ちゃんとはわけが違う。無論、単なるゆとりなどでは断じてない! 多分! この感動ばっかりは文章でどう書こうとも伝わるものではないけれど……。
 
 とにかく「やっほー」という第一声から始まるまゆりんとの握手会、機会があるなら一度体験してみてほしい(ちなみにこの第一声であるが、「やっほ」「やほっ」など表記に関しては諸説ある。1998年サッカーW杯で日本と対戦したクロアチア代表のエース・スーケルが「スケル」「シュケル」「シューケル」など表記が様々あるのと同様だろう。状況によって本人が実際に使い分けているという可能性も否定はできない)。
 
●まゆりんの全てが魅力的なのだ!!
 
 何を考えているのか分からない神秘的でぶっきらぼうな美少女は、お茶目さも兼ね備えている。
 
 一例を挙げると、ライブにおいて、他メンバーがソロ曲を歌っている最中、無意味に登場し、そのメンバーの真後ろにピッタリと張り付き、ただただ曲に合わせてバンザイを繰り返す嫌がらせ。その嫌がらせをしている時の表情が本当に楽しそうで、そんな天真爛漫さも、まゆりんが多くの人の心を惹きつける要因の一つだろう(余談だが、もしかしたら、このバンザイも、戦時下のことを勉強しているうちに天突き運動の存在を知り、それを実行に移してみたのかもしれない)。
 
 まゆりんの魅力はまだまだある。MCにおける、飾りげのないぶっちゃけ具合も堪らない。
 
「まゆ、誰も見てなくても手を振ったりするもんね」
 
「どこも目合ったりしてないけど、手を振ったりする」
 
 これはライブにおけるレス問題を話していた時のものだが、このぶっちゃけっぷりと、その発言により不快な気持ちに微塵もならないどころか、ますます魅力的な輝きを発するのが、奥村真友里というアイドルなのである。
 
 瑣末な話に終始してしまったが、まゆりんはライブパフォーマンスも、もちろん素敵。声量こそ他のメンバーと比べてやや発展途上だが、ちょっと古風な趣きのある歌声はグッと引き込まれること間違いないし、弾けるような笑顔とともに繰り出されるダンスの可憐さはメンバー随一(ひめキュンのダンスは疾走感第一なので、メンバーの個性がよく目立つ。不動のセンター・岡本真依の魂のこもったダンス、リーダー・谷尾桜子の安定した優雅なダンス、河野穂乃花の拙いけどとびっきりキュートなダンス、菊原結里亜の長身を活かしたパワフルなダンス、とそれぞれ違った魅力を持っている)。
 
 他メンバーに習って、ブログで質問を募ってみたはいいものの、答えるのにすぐ飽きて、途中で回答を放棄してしまうところも魅力的だし、ツアーファイナルにおいて、他メンバーが皆泣いているもしくは涙をこらえている時に、一人だけケロッとしているところも魅力的だし、飼ってる猫の扱い方が女の子チックじゃなくて、手慣れた雑な感じなのも魅力的だし、「魅力的」って書いたら何でも許されるとは無論思ってないけど、もう何でもかんでもまゆりんは魅力的なのだ!
 
 まゆりんの魅力はまだまだあるけれど、とても伝えきれないので、気になった方は下記の動画を観ていただきたい。
 

ソロ曲『夢桜』MV(途中から動くよ)

 

●ドラマ『ひめより男子』第1話(2話以降もあります)

 

松山大学スペシャルサイトSTORY

 
 このようにパーフェクトなアイドル(3サイズを除く。いや、バストが慎ましいのも、異性ではなくアイドルとしての魅力という意味では、むしろ素晴らしいかも!)であるまゆりんこと奥村真友里。ミスID2015において、どこまで勝ち残っていくのか、要注目である!!
 
(ビーバーの師)

ミスiD2015 奥村真友里 掲示板→http://t.co/iMpAdz1aSC
アー写.com→https://t.co/x1G1K9IoI0
 
↓そして、そして、こちらもチェックを!

※奥村さんの所属する、ひめキュンフルーツ缶は8月27日にNEWシングル「パラダイム」をリリース!


PICK UP とにかく読んで頂けないか

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING あなたが読めばランクも変わる

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp