ブブカ

ももいろクローバーZ

新日本プロレス邪道「緑語り」炸裂! 有安杏果に我がプロレス道を捧ぐ

国立競技場での単独コンサートを間近に控えたももいろクローバーZ。NYの田中将大投手をはじめ多くの著名人にも支持される彼女たちだが、この男もまた別格。レスリングマスターこと邪道が緑に染まった理由とは? ももクロ番記者の小島和宏相手に全てを語る!

【PR】
【PR】
jado.jpg

邪道(じゃどう)
1968年9月28日生まれ、東京都出身。
88年にTPG(たけしプロレス軍団)の入団テストに合格し翌年デビュー。盟友・外道と共に様々なインディー団体を渡り歩き、01年より新日本プロレスを主戦場に。現在はヒールユニット「CHAOS」の一員として巧みなファイトスタイルで活躍を続けている。自称プロレス界No.1のモノノフ。昨年末に開設したオフィシャルブログ(「そっちの道は蛇の道」では毎回「ももばなし」を綴っており大人気。

邪道 小島さんにインタビューしてもらうのは週プロ以来、22年ぶりですよ!

──おぼえてますよ。ちょうどメキシコへ飛ぶ直前で「現地でおぼえてもらいやすように、リングネームを邪道・外道に変えます」って内容でしたね(それまではパニッシュ&クラッシュというタッグチームだった)。もっといえば、89年にオランダでのデビュー戦の写真を直接、受けとって、原稿を書いたのも僕なので、25年越しの関係ですね。

邪道 それがまさかももクロちゃんが縁で再会して、こうやって、またインタビューを受けてるんですから、人生、面白いですね。

──邪道選手、最初にももクロの現場でお会いしたときは夏菜子推しでしたよね? どのタイミングで杏果推しに?

邪道 ひとつ言っていいですか? これは押し変じゃなくて推し増しですから! もっといえば、5人ありきでのももクロですから、5人を推してます。ライブにも5人全員を見にいくわけじゃないですか? 5人の歌と、5人の踊りと、5人の笑顔を見たいわけじゃないですか? だから、あくまでも5人。建て前じゃねーか、と言われるかもしれないけれど。

──その中でも、あえて順位をつけるとしたら有安杏果が一番上にくる、と。ちなみに杏果のどこに惹かれるんですか?

邪道 まず歌がうまい! そして、踊りがすごい! あと、これはプロレス的な見方になるかもしれないけど、ステージで体を大きく見せるコツを知っている。

──たしかにそうですね。

邪道 プロレスラーでも、実際に目の前で見ると「こんなに小っちゃかったけ?」と思う人が結構、いるんですよ。エディ・ゲレロ然り、クリス・ベノワ然り。でも、リングに上がるとまったく小ささを感じさせない。

──そのあたりのトップレスラーとイメージ的に被るところはあるかもしれません。

邪道 小さな巨人はダテじゃないんですよ! たぶん、特別に意識はしていなくて、自然に出しているんだと思うんですよね。舞台映えするというか。あと、たまに壊れるじゃないですか? あれがまたいいんですよねぇ~。ライブでいったら、2012年の西武ドーム。一曲目が『ワニとシャンプー』だったじゃないですか? 最初にお客さんを見て、杏果が絶対に泣く。でも、そこからちょっと笑うんですよ。そこで「がんばれ!」って思って、完全に笑った瞬間に「はぁ~(安心)」ってなるんですよ。

──完全にオープニングから杏果しか見てないじゃないですか(笑)。ちなみに推しメンって、自分とよく似ているか、まったくの正反対のどちらかだ、と言われているんですけど、なにか共通点は感じますか?

(BUBKA4月号から抜粋 完全版は同号参照)

momoclo.jpg

ももいろクローバーZ(ももいろくろーばーぜっと)

日本の5人組女性アイドルグループ。所属事務所はスターダストプロモーション。ユニット名は「ピュアな女の子が、幸せを運びたい」という意味を込めて名付けられた。学生メンバーがメインのため活動が土日中心なことから「週末ヒロイン」を標榜している。「いま、会えるアイドル」をキャッチフレーズに、数人の客を前にした路上ライブから出発。CDの手売り、車中泊での地方巡業といった下積みを経て、結成2年でメジャーデビュー。大物ミュージシャンとの親交も厚い。

 

PICK UP とにかく読んで頂けないか

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING あなたが読めばランクも変わる

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp