ブブカ

BELLRING少女ハート

アイドルと戦争 戦地で聴きたいアイドルソングについて

東京オリンピック、アベノミクス株価上昇などの明るい動きがある一方、日本になんとなく不穏なムードも感じているわけで、でもアイドルのことが好きだったりするわけで、そんな2014年にアイドルさんには余計なお世話だけど思ってみたこと。

【PR】
【PR】

PH.jpg

Googleで「日本」と「戦争」というキーワードを打ち込むと「起こる」「可能性」なんて検索予想に出てくる。5年後、10年後、20年後、いつかはわからないけど日本も戦争するんだろうと思っている人は、それなりにいるんだろうと。僕もそんな一人です。

それで戦争するのはやめようとか、憲法改正だけはさせちゃいけないとか、そういう話は置いておいて、ただ戦争が起きてしまった時に僕はアイドルファンとしてどうしたらよいのだろう。年末から考えていたらアイドル現場に行けなくなってしまった。ちなみに僕は超か弱いので戦争には絶対行きたくないし、お国のためにと言われても絶対嫌だし、この国の人々を守るために、とか言われても無理です。だって痛いのとか嫌だから。家族や友達のために、ぐらいでしぶしぶと。

で、新年2日に思ったのは、自分のキャンプ地にアイドルが来てくれるなら行けるかもしれない、と。戦争が始まって行きたくないとか言っていたら特高に連れて行かれるだろうから、戦争に行くしかない。ただ、その中で少しでも希望を持って戦場に行けるとしたら、少しだけでも軍靴の音が軽くなるとしたら、自分のいるキャンプにアイドルが慰問ライブに来てくれるという誘い文句かもしれない。

僕はBELLRING少女ハートというアイドルグループが好きなので、僕のキャンプにベルハーメンバーが来て「WIDE MIND」とか「ライスとチューニング」とか歌ってくれたらヤバイ。たぶんその頃の日本はアイドルなんて娯楽は禁止されて、ライブ現場なんていうものも消滅しているから、「戦地に行けば2ショットチェキも撮れるぞ」「握手券もつける」と言われたら、それだけを楽しみに戦地に行けるかもしれない。

別にアイドルさんたちに君のためなら死ねる、なんて重いものをかぶせるつもりもない。戦争なんてしたくない。そんで死にたくない。もし戦争せざるをえなかったら、と。たしかに大事なアイドルに前線まで来てもらうことの是非もあるだろうけど、そうだったら嬉しい。せめてもの話です。そもそもアイドルたちが戦争に巻き込まれるのが嫌。

前線に自分の好きなアイドルさんたちが慰問ライブに来てくれたら、僕はいままでベルハーメンバーの美月友華(ゆうゆ)さん以外とチェキ撮ったことないんだけど、他のメンバーとチェキを撮っておきます。みずほメンバーを見て故郷の団地風景を思い出したり、カイちゃんをみて中野ブロードウェイを思い出したり(ほぼ行ったことがないけど)してみたり、「the Edge of Goodbye」で思いっきりモッシュもしてみたりするだろう。

個人的に戦場で聴きたいアイドルソングとしては、BELLRING少女ハートの新シングル「Untouchable EP」の「月の真下でオオカミさんに尋ねました。」とかもいいと思う(※リンク先から試聴できます)。

みなさんの戦場で聴きたいアイドルソングはなんですか? よかったらリプライでもください。

編集部/服
 

bell.jpg

BELLRING少女ハート(べるりんしょうじょはーと)

日本の5人組アイドルグループ。「サイケデリックからブチ上げロックまで、変幻自在アイドルユニット!」のキャッチコピーでライブやイベント活動を行なう。グループ名は「鐘鈴少女心」と漢字で表記することも。2012年結成。同年1stシングル『Negative EP』でCDデビュー。2013年には1stアルバム『BedHead』をリリース。楽曲に『ダーリン』『僕らのWednesday』『サーカス&恋愛相談』など。

 

PICK UP とにかく読んで頂けないか

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING あなたが読めばランクも変わる

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp