BUBKA(ブブカ)

カルチャーニュース

2億円は年収300万円でも貯められる 40代で2億貯金した男の秘密とは

アベノミクスで株価は2万円目前、でベースアップした企業もあるというが、一方で我が生活といえば楽にならず…そんな実感の人も多いのではないか。将来的に消費税は10%、年金もどれだけ貰えることやら…。我々サラリーマンの前には多くの不安が立ちふさがっている。今から大きく稼ぐ方法はないのだろうか。

【PR】
【PR】
a__12.jpg
だが、方法はなくはない。年収300万円にもかかわらず40代で2億円もの資産を貯めこんだという男性がいるというからだ。もちろんコツコツ貯金だけで2億円貯めたワケではない。ちょっと計算すれば、その年収で全額貯金したとしても最低67年かかってしまうのがわかる。実は、20数年同じ会社にいたというこの男性、毎年100万円ほどを株やFXなどの投資にあてていたという。それが上手くやった“秘密”。
 
男性は昼間仕事をしている時以外は株投資やFXなどの研究に費やしていたという。そして素人の我々でも、同じように投資で稼げる可能性があるとして、にわかに注目されているのがFXの「システムトレード」である。コンピュータソフトを使ったFX取引だ。[詳細はこちら]
 
FX(外国為替証拠金取引)は株取引と同様に、サラリーマンや主婦たちの投資対象としてはおなじみだ。定番株などよりも動きが大きいことから利益をとりやすく、為替相場は24時間動いているためにいつでも取引できるのも人気の秘訣。だが一瞬の判断が問われるFXで、勝ち続けることも簡単ではない。ほとんどの人が仕事に家庭に趣味もあるわけで、24時間FXをするわけにはいかない。そこでシステムトレードという、売買のタイミングをソフトにまかせることができ、専門知識がない素人でも使えるというソフトが注目を集めているのだ。
 
一般的にシステムトレードはコツコツ稼ぐのが得意とされているが、どうやら大金を稼いだらしい実例もある。2012年、男性がFX取引で2年間のあいだに3億6800万円を稼ぎ出し、脱税で逮捕されたというものだ。投資についてはズブの素人で、オマケに元手も100万円ほどだったという男性が、なぜこれほど短期間に利益を叩きだしたか、その秘密としてシステムトレードが使われたと一部メディアには報じられているのだ。
 
だが、システムトレードソフトも様々なものが発売されており玉石混交だといわれている。そのなかで最近名前をよく聞くようになってきたのが「トレードFX」。自動学習機能AIを備えており、過去5年間の運用テストで平均年利90%以上の結果を出し続けてきた実績があるという。さらにこれまでの相場のデータを分析、蓄積していくことができるとのこと。
 
このソフトが、これまで世界的経済危機のなかでも安定した利益をあげてきたというのは、自動学習機能を使って最適な取引を機械的に行うことができたからだろう。というのも投資で損する原因は、欲張ったり、焦ったりする人間の誤った判断がほとんど。人は混乱のなかではミスしてしまうが、システムトレードにはそれがないのだ。たしかにその実力は多くのサラリーマンにとって頼もしく見える。
 
今から将来の資金準備をしようと思っている方や、投資や副収入に興味がある方は、資料請求だけでもしてみる価値は大いにある。
 

PICK UP 幸せはこぶ注目記事

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING 世はすべてこともなし

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp