BUBKA(ブブカ)

カルチャーニュース

眞木蔵人『土地のオジちゃんやおばちゃんは東京になんにもおかされていなかった』 書籍『アイアムベックス スプレッド ザ ラブ』ダイジェスト(14)

2014年2月に発売され小説家・高橋源一郎をはじめ絶賛の嵐がおきた、俳優でサーファーの眞木蔵人氏のエッセイ集『アイアムベックス スプレッド ザ ラブ』。北野武監督をして「心地良く耳が痛い」と言わしめたその言葉の一部を掲載する!

【PR】
【PR】
iamvex.jpg

 

09年BUBKA収録「ふつうの会話」(後編)

(前編より)

 そういう人がしゃべる口調とか、しゃべる話題とか、もってくるトピックとかはふつう過ぎて、俺には新鮮です。東京は、みんな裏をかいた言葉ばっかり。みんな面白くしよう、みんなコメディアンみたいにしよう、みんな人のことをバカにしようと思って話す風潮がある。テレビがそんなんばっかやってるから、そんなしゃべりになってしまう。みんな、そういう対応しかできなくなってるんだ。東京の人たちは楽しくしようとしか、してないから。合コンだキャバクラだで、くだらねえことばっか言ってるから。もっとふつうの会話でいいんだよ。でもそういう会話してるとバカにされちゃうみたいな風潮があるわけ。「昨日食った漬け物が美味くてさあ」って言ったら「はぁ?」みたいな。

 でも、日本人の対応ってそうじゃなかったんだなって、田舎に行けば行くほど感じるし、ふつうに話しをできる人の方が実は多い。その人の生活や、話してることに対してはちゃんと耳を傾けるべきだし、自分がわからないことは聞くべきだ。

 俺は、違う土地に行った時、そこの人がしゃべってることを全部聞くようにしている。へー、ほう、いやあそうなんですかーって。だからどこに行っても、俺はおばさんやオジさんに人気です。つかまっちゃって大変ですよ。

Amazon『アイ アム ベックス/スプレッド ザ ラブ』へ

PICK UP 幸せはこぶ注目記事

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING 世はすべてこともなし

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp