BUBKA(ブブカ)

カルチャーニュース

眞木蔵人『東京って山ではマーダーが来たり、ジェラスされたり』 書籍『アイアムベックス スプレッド ザ ラブ』ダイジェスト(11)

2014年2月に発売され小説家・高橋源一郎をはじめ絶賛の嵐がおきた、俳優でサーファーの眞木蔵人氏のエッセイ集『アイアムベックス スプレッド ザ ラブ』。北野武監督をして「心地良く耳が痛い」と言わしめたその言葉の一部を掲載する!

【PR】
【PR】
iamvex.jpg

 


 

09年BUBKA収録「マウンテンサバイバル」(前編)

 俺のスノーボードスタイルは、板を担いで一日かけて山登って、それですべり下りてくるというもの。今年の冬もいつものように山にこもっていたんだけど、そんな時、ちょっとだけ会ったことのある女性タレントさんが、東京のど真ん中で亡くなった。すげえセクシーで多くの男性たちを魅了した人だった。

 彼女は東京っていう山の中で遭難したんだ、と俺は見ている。谷川岳で遭難しないで生きて帰ってくるのと、都会で何十年も住んで生き続けるのと、どちらの方が難しいんだろうか。

 東京って山ではマーダーが来たり、ジェラスされたり、色んなものがナダレみたいに押し寄せてくる。けっこう標高高いから、この山は。トップは八千メーターぐらいあるんじゃねーか。エベレストのトップで生き残れるやつと、ここのトップで生き残れるやつは同じぐらいの人数しかいないんじゃねーか。

 彼女はこの山で色んな仕事を見つけて、自分のキャンプを作って、テントをはったわけだ、渋谷のど真ん中に。全部が見渡せるように、色んなポイントを攻めに行けるように、そんな場所に。だけど完全に遭難してしまった。

(後編へ続く)

Amazon『アイ アム ベックス/スプレッド ザ ラブ』へ

PICK UP 幸せはこぶ注目記事

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING 世はすべてこともなし

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp