BUBKA(ブブカ)

カルチャーニュース

眞木蔵人『信じてる。人間は、ポジティヴな、地球に対して優しいもののはずなんだ』 書籍『アイアムベックス スプレッド ザ ラブ』ダイジェスト(3)

2014年2月に発売され小説家・高橋源一郎をはじめ絶賛の嵐がおきた、俳優でサーファーの眞木蔵人氏のエッセイ集『アイアムベックス スプレッド ザ ラブ』。北野武監督をして「心地良く耳が痛い」と言わしめたその言葉の一部を掲載する!

【PR】
【PR】
iamvex.jpg

 


 

08年BUBKA収録『通り魔』(前編)

 秋葉原の通り魔を「神」とあがめる若いやつらがいるという。そんなことが騒がれているが、あいつが神であるはずがない。完全に否定しておく。ふざけんな、あいつはただのスーパーマーダーキラーだ。何かにとり憑かれた殺人者だから。そうでもしなければ、人間はそういうことを起こさないようにできているんだ。俺はすげえ信じてる。人間は、ポジティヴな、地球に対して優しいもののはずなんだ。

 派遣の仕事についていたから、母親の教育がおかしかったから、だからヤッてしまったとは、おれは全然思っていない。普通の状態で人間としての行動とは、そもそも俺は思っていないんだ。色んなバッド情報とか、悪いバイブスくっつけちゃった、そういう意味ではあいつ一人の責任じゃないんだよ、とも思っている。

 ただ、マスコミは今回もやらかしてくれた、それを俺は気になったんだ。ネガティブな、みんなを踊らせる言葉を流しまくった。1982年生まれがヤバいとか、若者は狂っているとか、今の日本社会はおかしいんだとか、マスコミは言うけれど、そこまで人間っていう、日本っていう文化は終わってないと、まだおれは信じているから。「いや、そうじゃねえんだよ。全部終わったんだ、今の日本は」ってマスコミが多過ぎるよ。じゃあ、もう次の若者って未来ないじゃん。お前らのこれから、超楽しみだぜ、お前ら育ってくれるから、この日本をすげえ託したいよ、みたいな期待はなくってさ。事件をいいことに、若者批判をしているんだ。そんなことを言っているお前も、ちょっと前は若者だったんですよ、と。

(後編に続く)

 

Amazon『アイ アム ベックス/スプレッド ザ ラブ』へ

PICK UP 幸せはこぶ注目記事

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING 世はすべてこともなし

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp