BUBKA(ブブカ)

カルチャーコラム

エッチしたい、ゆるキャラグランプリ(後編)

2010年の第1回から今年で4回目を数えるゆるキャラグランプリ。未だ衰えを感じさせないゆるキャラブーム。その人気の秘密が実はそのエロさにあったことが我々の調査の結果判明した。日本の全自治体注目の「やりたいゆるキャラグランプリ」の結果やいかに!衝撃の後編!

【PR】
【PR】
>>前編より

2位 ひこにゃん

「自分、男ですけど、ひこにゃんにはバレンタイン・チョコ送りました!」(19歳 浪人生)

「あの兜って脱ぐのかなあ!」(30歳 レンタルビデオ店員)

「今回のアンケートはやりたいゆるキャラということだったが、ひこにゃんには完全にやられたい側やられたいゆるキャラの項目も作ってほしい。」(年齢不詳・飲食店店員)

2番目に票を多く集めたのが、滋賀県彦根市のひこにゃん。鎧兜を被った勇ましい姿に男らしさを感じてやられてしまうという意見が多かった。

3位 にしこくん

「上半身と下半身のギャップかなあ。というより下半身?」(18歳 学生)

「理由?脚に決まってるでしょう!」(34歳 英会話スクール講師)

「脚持ってぐるぐるしたいよね」(41歳 家電量販店店員)

そして第3位には東京都西国分寺市のにしこくん。他のキャラクターには無い「スレンダーな脚」に人気が集まっている。

他にもバリィさん(愛媛県今治市)、ふなっしー(千葉県船橋市※市は非公認)などがランクイン。何れ劣らぬ人気者ばかりだ。

このように、ゆるキャラの人気はやはり「やりたいかどうか」ということと直結している。人気のないゆるキャラには性的なアピールが足りないのだ。

今やゆるキャラ業界も戦国時代に突入した。他のゆるキャラと差をつけるには、感性に訴えかける突出したエロい個性が必要だ。「うちのPRキャラクターの人気が思ったように伸びない」と困っている自治体の担当者の方は参考にされてはいかがだろうか。

PICK UP 幸せはこぶ注目記事

BUBKA(ブブカ)最新号

RANKING 世はすべてこともなし

情報提供

リリース情報やイベント開催情報のほか、アイドル、芸能、カルチャー全般に関する情報提供をいただける場合は下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

bbk@byakuya-net.co.jp